競技規則

びわこトライアスロンin高島

  1. 本大会は、公益社団法人日本トライアスロン連合競技規則を準用する。
  2. その他、以下に定めるローカルルールを適用する。

ローカルルールについて

  1. 競技は、個人で行うものとし、定められた場合を除き、いかなる助力(個人的伴走・支援)を受けてもいけません。※1 順位の上位に影響がない範囲で、実行委員長の判断で許可する。
  2. 競技規則をよく理解して参加すること。競技規則に違反した場合やは審判長の判断において失格になるほか、審判の指示に従わない選手にペナルティータイムを科します。
  3. 主催者は、種目毎に制限時間を設けることができます。その時間に通過しない競技者は、次の種目を継続することはできません。
  4. 医療担当者は、競技者の障害及び生命に損害を被ると判断した場合は、競技者の競技を中止させることができます。
  5. レースを途中棄権する場合、必ず競技役員に責任を持って連絡しなければならない。
  6. 不当申告及び虚偽の書類を提出する等した場合は失格となります。
スイム
  1. レース中主催者の用意したスイムキャップを使用しなければならない。
  2. 足ひれなどの推進補助具の使用は禁止します。
  3. 一般の部についてはウエットスーツ着用義務とします。小学生ついては必要に応じてビート板等の浮き具の使用を認めます。
  4. 競技中、安全のために立ち止まったり、ブイやボードにつかまり浮くことは許可しますが、歩いて前進することは禁止とします。
  5. 他の選手を故意に蹴ったり、進路妨害をしてはいけません。
  6. スタートは年齢別に分けられたウェーブスタートを採用します。
バイク
  1. ピストバイクは使用できません。
  2. 主催者による車検は行いませんので、各自(小中学生については保護者が行う)で整備を行ってください。
  3. 主催者が支給するナンバーカードを背中及び自転車やヘルメットの定められた箇所に付けなければならない。※ゼッケンベルト可
  4. ヘルメットを着用しなければならない。
  5. 交通法規を遵守し、警察官・競技役員の命令に従わなければならない。
  6. ドラフティングを禁止します。審判の注意に従わない場合は、失格またはペナルティータイムを科します。
  7. 競技中のメカニックトラブルは、全て競技者自身で対処しなければなりません。※1
  8. 定められたコースから外れた場合は、同じ道を走って元のコースに戻り、競技を続行することができるが、誤ったコースで競技を続けた場合は失格とする。
  9. 予めコースを試走しなければならない。
ラン
  1. 歩く、走ること以外の方法で移動してはいけません。
  2. 主催者が支給するナンバーカードを胸または腹部に付けなければならない。※ゼッケンベルト可
  3. 競技者への個人的な援助や伴走は禁止します。※1
異議申し立て
  1. 実行委員長、技術代表、審判長の決定、または他の競技者の行為に対しての異議申し立てを希望する競技者は、レース終了後30分以内に書面をもって実行委員会に申し立てることができる。実行委員会は異議申し立てに対して検討し、申し立て者に裁定結果を通知します。この委員会の裁定は最終権限を持つものとする。

 


大会に関するお問い合わせ先

大会事務局の電話番号の準備は4月となります。

お手数ですが、一度メールにてお問い合わせください。
お電話ご希望の場合は、メールに記載頂きましたら事務局よりお電話させて頂きます。

TEL.
e-mail. mailto:info@neighbor-kitayama.com
大会事務局 竹中